最新美容

アンチエイジングはもう古い⁈新美容【ヒト幹細胞】で若返りバックエイジングの基礎知識

皆さん最近ネットやメディアでバックエイジングやヒト幹細胞という言葉をお聞きしたりしないでしょうか⁈美容や医療に詳しい方や興味がある方はすでにご存知だと思いますが、まだまだ世間的には聞きなれなくどんなものなのかよくわからない方が多いと思います。

私も言葉自体はやんわりと知っていたのですが、実際詳しく知ったのは美容関係の仕事をしている関係でとある美容セミナーに参加してからでした。

常に目まぐるしく変わる美容業界で、こんなに興味深く確実に効果を実感できそうだと確信できたものは久しぶりでした。来春にはいくつかの大手美容メーカーから、ヒト幹細胞入りの化粧品が発売されるとのことですが1つ10万円程するそうですが、その強気な料金設定も逆に効果を期待できるのではないかと思いました。

切らない脂肪吸引や整形などとうたう最新マシーンが次々と出てきたり、肌にいい新しい成分の入った美容液など聞くとやはり女性にとっては試してみたいと思いますよね⁈しかし、ある程度料金がかかったり長期的に続けないと効果が表れないとなるとなかなか続けるのが困難だと思います。

疑い深い私は、芸能人やインスタグラマー・ユーチューバーなどが紹介する美容製品やエステの情報がありすぎて本当に効果が出るのか口コミが良くても実際そんな簡単に痩せた方などが身近にいたり聞いたりもしないのでなかなか信じられないでいました。むしろこのSNS時代にみんな企業から宣伝依頼で紹介しているんでしょなんて思っていました。

そんな中、ヒト幹細胞というのは医学に基づいたもので効果が実証されているのでとても信用できると思います。このサイトでは、まだあまり知られていないヒト幹細胞とその効果について紹介していきます。

ヒト幹細胞ってなんなの⁈

そもそもヒト幹細胞ってなんなの⁈と言うところですよね。まだあまり聞きなれない言葉ですが、まずは基本的な幹細胞について理解しておきましょう。

私たちの体は無数の細胞によって構成され、常に健全な状態を維持するため体の中で細胞の再生や修復が繰り返されています。

幹細胞の持つ2つの特徴的能力があります。

  1. 自らと同じ細胞を分裂によって生み出す
  2. 他の細胞に変化することができる

つまり、幹細胞とは病気やケガなどで損傷した組織や細胞を治療する時に働く再生能力があるものなのです。最近医療分野で注目されているES細胞やiPS細胞もこの幹細胞の一種です。

そんな再生能力のある幹細胞に注目し再生医療研究が盛んに行われています。その幹細胞の再生医療研究をエイジングケアに応用して作られているのがヒト幹細胞培養液コスメです。

 

アンチエイジングとバックエイジングの違い

ヒト幹細胞を使ったコスメが今までのエイジングケアと違うのは、バックエイジング効果があるということです。それでは、アンチエイジングとバックエイジングではどんな違いがあるのか知っておきましょう。

【アンチエイジング】とは…

老化の進行を止めるもしくは、できるだけ遅らせる為減少したものを補う対処療法的な処置で老けて見えないよう事前に防ぐという考え

【バックエイジング】とは…

老化したものを再生医療技術を利用し、細胞の活性という根本的な原因に着目して若い元の姿にできるだけ戻すという考え

つまり、個人の理想年齢に近づくために

老化を遅らせたい➡アンチエイジング
見た目年齢を若返り➡バックエイジング

というような考え方がわかりやすいかと思います。

 

ヒト幹細胞培養液をエイジングケアに応用

ヒト幹細胞を応用して生まれたのが幹細胞コスメです。特にヒト幹細胞培養液は、ヒトの肌になじみやすくアレルギー反応を起こしにくいので注目され色々なメーカーや企業からヒト幹細胞培養液コスメが出されています。

ヒト幹細胞培養液とは、ヒト幹細胞じたいが配合されているものではなくヒト幹細を培養し細胞を取り除いた後に残った幹細胞が分泌した生理活性物質や組織再生に必要なたんぱく質や酵素コラーゲン、ヒアルロン酸などの成分がたっぷり含まれた培養液のことです。

特に生理活性物質である多数の成長因子を保有しているのが最大の強みで、肌本来の再生能力に働きかけてくれます。皮膚の老化と損傷を防ぎ皮膚組織の再生を促す高機能生物素材と言えます。

保有成長因子の一部

EGF(上皮細胞成長因子)
ターンオーバーを促しシミやくすみのない肌に導く

FGF( 線維芽細胞成長因子)
真皮の線維芽細胞に働きかけハリ弾力をもたらす

PDGF(血小板由来成長因子)
損傷細胞の修復やコラーゲンの合成を促す

実際の学術発表の生理的活性効果として、シワ改善・美白効果・発毛増毛効果・抗酸化作用などが確認されてます。

 

ヒト幹細胞以外の幹細胞はあまり効果がない⁈

幹細胞には、植物由来・動物由来・ヒト由来と3種類あるのはご存知でしょうか⁈それぞれ、そのものの幹細胞から成分を取り出したものです。アルガンやプラセンタなど耳にしたことがあると思いますが、果たしてどの幹細胞の成分なのか把握している方は少ないかと思います。

幹細胞の種類によって効果に違いや安全面で不安なものなどもあるので、幹細胞の種類を知っておくことが大事です。

 

植物由来の幹細胞は効果が薄い⁈

人の細胞を活性化させるには、レセプター(細胞の表面にある鍵穴のようなもの)とリガンド(それに合う鍵穴のようなもの)が合致することが必要で、この二つが結び付きはじめて細胞が活性化しこの仕組みは動物特有のもので植物には存在しません。

今まで植物由来の幹細胞「アルガン幹細胞エキス」や「リンゴ幹細胞エキス」なども美容業界やコスメでも注目され抗酸化作用や潤いを与え保湿効果があるとされてきましたが、それ以上に細胞を活性化させる効果は期待できません。

植物とヒトでは細胞の仕組みが全く違うため植物由来の幹細胞成分が人の細胞にどう作用するかは分かりきらない部分もあります。

 

動物由来の幹細胞は安全面が不安⁈

動物由来の幹細胞は、幼羊の毛根や羊のプラセンタから抽出される幹細胞エキスを使ったもので、人の肌の幹細胞に近い成分とされ肌なじみはいいです。しかし動物由来のウイルスなども含まれている危険性があるので、安全性の確認が必要です。安全面の不安やその他の危険性も含め日本ではあまり販売されていないです。

その点、ヒト由来の幹細胞は人の細胞そのものに働きかけることができるので、植物や動物由来のものよりはるかに効果的だとされています。

高いエイジング効果を期待するなら断然ヒト由来の幹細胞がおススメです!

 

まとめ

再生医療の技術からヒト幹細胞をエイジングケアに応用することで、とても安全で効果の高いエイジングを実現できるということになります。

今までの失ってしまったものや老化により減少したものに対して有効成分を補うとゆう対処療法から、細胞を活性化し組織を再生するという根本治療ができるエイジングケアができるというのは、女性にとって夢のような事だと思います。

老化を止めるのではなく、更に若返る事ができるのです。

これからの時代は、健康に美しく長生きできる時代になるでしょう。ヒト幹細胞の正しい理解のもとにぜひバックエイジングケアをしてみてください。

-最新美容

Copyright© Self-polishinglab , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.