Bali

お得に憧れリゾート・ヴィラに宿泊!欲張り贅沢バリ旅を叶えるプラン術

バリ島旅行は、自然やビーチや寺院など見どころ盛沢山な人気旅行先です。

最近ではSNSやインターネットの流行で
素敵なカフェやホテルも続々と取り上げられています。
どこそこインスタ映えなスッポットがあり、

【どこを選んでいいのか絞りきれない】
【欲張り過ぎて時間に余裕がなく逆に疲れてしまうプランに】
【高級リゾートにも宿泊してみたいけど予算が…】

など、いろいろ周りたいしリゾートにも宿泊したい
欲張りたいけどどんなプランがいいのか計画しきれず、

結局旅行会社のツアーで予算や宿泊場所など何かを妥協して
予約してしまうなんて人も多いかと思います。

しかし、ここのサイトでは

  • 予算はできるだけ抑えたい
  • 立地のいい便利な場所のヴィラ
  • SNSで人気なインスタ映え宿や憧れリゾート宿泊
  • 人気カフェやレストラン巡り
  • 定番観光スポットやアクティビティ体験

など、実際に私が彼と7泊8日で盛り込んだお得な贅沢バリ旅のプラン術を
旅費なども踏まえご紹介したいと思います。

 

バリの基本情報

まずは、基本的なバリ島情報と最安で行ける時期やベストシーズンを把握し
航空券を最安で確保することからです。

気候とベストシーズン

バリ島の気候は乾季(4~10月)
と雨季(11~3月)の2シーズン
年間平均気温は28℃と1年中暑い気候です。
雨季でもスコールのような短時間激しい雨が降りますが1日中雨が降り続くわけではないので観光には適しています。

ベストシーズンは、
基本的に乾季の4月~10月
と言われていますが、目的によってはベストシーズンが異なってきます。

本場の旬な南国フルーツを楽しみたい方は
食べごろを迎える12~2月の雨季の時期。

サーフィンを楽しみたい方は、
乾季なら島の西側、雨季なら島の東側
初心者サーファーなら乾季の6月~8月がおススメです。

治安

外務省が公開している【海外安全情報】によると、
バリ島の危険レベルは『レベル1:十分注意して下さい』となっています。
バリ島内のエリアごとでも治安レベルが違うので、
訪れる地域の下調べをしておいた方がより心構えができるでしょう。

また、渡航時期の社会情勢や自然災害などによっても変化するので
まめに情報収集しながらチェックすることも大事です。

 

海外の治安が気になる方は女性一人海外旅行を安全に旅する為の注意点を見てください。

物価

一番物価比較としてわかりやすい水(ミネラルウォーター)
600ml⇒Rp.4,000(約30円)です。

バリ島は他のインドネシアの地域に比べると割高ですが、
日本の物価と比べると比較的安いです。

航空代金(エアーチケット)

東京発-バリ(デンパサール)平均飛行時間 7時間20分
最安時期は6月で、乾季で時期も良いです。

エアアジアのLCC格安航空券ですと往復3万4千円代からで
こちらは、乗り継ぎ1回の平均14時間前後かかります。

直行便ですとガルーダ・インドネシア航空や日本航空(JAL)で
8万円~10万円代であります。

また18~19週かピークの24週前の予約が一番安く予約できます。
予約するなら3か月前を目安に予約するのが良いでしょう。

つまり、

狙い目は乾季の6~8月の日程で
予約を18週前の1~3月にするのがお得です。

私は、7泊8日と旅行日数が余裕をもって取れたので最安の
エアアジアでクアラルンプール乗り継ぎ便で行きました。

スケジュール

 

 

7泊8日滞在のうち、私たちは3つのエリアに滞在しました。
移動があるので、少し面倒ですが安く色んな場所に宿泊でき
移動時間も30分~1時間程度なので
あまり移動も苦になりませんでした。

初めの3泊は、街中エリアのスミニャック
4.5泊目は、少し北部エリアのチャングー
6.7泊目は、リゾートの多い南部エリアのジンバラン

に宿泊し、だいたいこのようなスケジュールプランにしました。

 

インスタ映え間違いなし!絶対に外さないおススメ宿

 

旅行前にネットで写真やSNSの画像で見ていても
綺麗に加工されていたり実際リアルな状況が分からず、
現地でがっかりなんてこともたまにありますよね。

そんな中流行りのインスタやメディアでも話題の宿に宿泊してみて
本当におススメできる宿をご紹介します。

コスパ最高!便利な街中Villa

一度は宿泊してみたいのが、プライベートプール付きのヴィラタイプのお部屋です!

【ヴィラ】とは、自分の別荘にいるかのように過ごせる宿泊施設です。
セミオープンのリビングやプライベートプール、ガーデンがあり
バトラーという部屋専属の付き人がいることが多いです。

しかし、高級リゾート内や有名なヴィラだと
1泊5万は下りません。
ですが、街中のヴィラだといくつもコスパのいいお手軽ヴィラを見つける事ができます。

そんな中でも、私の理想ヴィラの条件として

  • もちろんコスパがいい
  • プライベートプール付き(大き目な)
  • おしゃれなインテリア空間の部屋
  • ショッピングや食事にも便利な立地
  • 南国特有のオープンリビング
  • おしゃれなバスタブに天蓋付きベッド
  • ルームサービスでの朝食
  • 24時間バトラーサービスあり…
  • できればスパ付き

女子なら誰もが揃っていれば嬉しい
こんなワガママな条件で検索し
探しに探し色んなサイトで写真を見あさりみつけたのが、

DISINI Luxury Spa Villas です!

価格は1泊1部屋2万円代

ルームサービスの朝食付き。メニューも4種類ぐらいあるので連泊でも飽きません。

バスルームもグリーンが見えて開放的

憧れの巨大天蓋ベッド

場所はバリ島で最も洗練された地区と認識されているスミニャック(オベロイ地区の中心)
に位置し、ショッピングや食事に最適で、近くにはスミニャックビーチやラヤスミニャック通りがある為観光の拠点としても便利です。

その他の条件もすべて満たされていて大満足なヴィラなのです。

私は、2011年2015年と2018年にバリ島旅行に行きましたが、
毎回新しいヴィラもチェックしつつ宿泊先を決めますが、
今だにここは、外せません!

好みにもよりますが、トータル的に見てここは間違いなくおすすめヴィラです。

話題のインスタ映えVilla

海外モデルやアパレルの撮影で使われていたり、人気インスタグラマー達がこぞって宿泊し気になっていたインスタ映えヴィラ!

行ってみたいな~と思い検索しましたが
なかなか詳しい詳細や情報が出てこなくて
だいたいの地域情報だけを元に検索しやっと見つけたのが、

Canggu(チャングー)とゆう地域にある

Airbnb(民泊サービス)のヴィラ
【Villa Phoenix】です!

1棟借りもできますし、4部屋あるので1部屋ごとでも借りることができます。
1部屋ごとの場合だとリビングとプールは、他の宿泊者の方と共用になりますが

1泊1部屋1万円ぐらいとリーズナブルで、
簡単ではありますが無料の朝食や送迎もついています。

少し街中から離れた地域ですが
近くのビーチ沿いには、
いくつか食事できるような場所もあり何泊か
のんびりだけするオフの日の宿泊場所としては最高だと思います。

ただ、AirbnbやSNSの写真より室内やバスルームは少し年期が入っていたり
ドアの建てつけが悪かったり室内にヤモリがいたりはありましたが、
スタッフの方の対応もよく気持ちよく過ごせました。

憧れ高級リゾートAYANA Resort and Spa Bali

バリ島旅行に行くなら1度は宿泊してみたいのが、

AYANA Resort and Spa Baliです!

有名なロックバーの特等席カウンターエリアの利用も
宿泊者の特権としてあります。

だいたい1泊一番安いお部屋で1部屋3万円代(1人1万5千円程度)なので、
1~2泊なら無理なく宿泊できる料金かと思います。

 

リゾート内には、系列のリンバ・ジンバランもありそちらの
プールレやストランなども利用できますし、プライベートビーチもあるので
1日中リゾート内だけで楽しむ事ができます。

ただし、レストランなどはリゾート価格で現地の物価とはだいぶ異なり
日本と同じかそれ以上のものもあるので、予算をみて利用してみてください。

食も楽しむ!おすすめレストラン&カフェ

旅行と言ったら現地での食事も楽しみの1つですよね。
バリ島には、ビーチ沿いのサンセットが見られるお店や
店内のインテリアにこだわった可愛いお店
雰囲気と味どちらも楽しめるお店がたくさんあります。

しかし、限られた日数では食事の回数にも限界があります。
その中でも私が今回この旅で厳選して選び実際に利用したおすすめレストラン&カフェを
エリア別にご紹介したいと思います。

スミニャック

スミニャックは、利便性の良いエリアで
私たちが最初の3日間宿泊した街中ヴィラのあるエリアです。

洗練されたレストランからリーズナブルなローカルレストラン
おしゃれなカフェやファッション雑貨シルバー製品などが揃う
バリ島の流行発信地です。

実際行ったのが、こちらのお店です。

  • Warung Nia(ワルン ニア)

  • Cafe Kim Soo(カフェ キム スー)

  • La Plancha(ラ プランチャ)

  • Motel Mexicola(モーテル メキシコーラ)
  • BATIK Restaurant Bar(バティック レストラン バー)
  • MoonLite Kitchen and bar(ムーンライト キッチン アンド バー)

チャングー

チャングーは、新店舗が続々とオープンする今注目のトレンドエリア!
ヘルシー志向のカフェやおしゃれなショップがある
サーファーや若者が多エリアです。

4.5泊目に宿泊したAirbnbのヴィラがあるエリアで
個性的でどこもとても魅力的なお店ばかりです。

  • Echo Beach Club(エコー ビーチクラブ)

  • La Laguna(ラ ラグーナ)
  • Cafe Vida(カフェ ヴィーダ)
  • Cabina Bali(カビナ バリ)

ジンバラン~アヤナリゾート内

ジンバランは、バリ島の南部に位置するリゾートエリアです。
今回はアヤナリゾートに宿泊したので、せっかくなので
リゾート内のレストランをいくつか行ってみました。

  • To`ge(トゥゲ)

 

  • Roof Top Bar Unique(ルーフトップ バー ユニーク)

  • Rock Bar(ロックバー)

バリ島で大ブーム!ビーチクラブも楽しむ

今バリ島に行くなら見逃せない大人気の注目スポットが
ビーチクラブです!

ビーチクラブとは、リゾート地のビーチを中心に景観とともに食事やお酒音楽を楽しむ
ラグジュアリーな雰囲気の中ビーチで過ごせる施設のことです。

バリ島には、そんなビーチクラブが沢山あり世界でも注目されています。

いくつもある中で、老舗ビーチクラブや有名なビーチクラブがこちらです。

  • KUDETA(クーデター)
  • Potato Head Beach Club(ポテトヘッド ビーチ クラブ)
  • FINNS BEACH CLUB(フィンズ ビーチ クラブ)
  • Azul Beach Club(アズール ビーチ クラブ)
  • Cocoon Beach Club(コクーン ビーチ クラブ)

また、有名なビーチクラブよりはこじんまりとしているかもしれませんが
個性的な作りが好みの私的お気に入りビーチクラブはこちらです。

  • El Kabron Cliff Club
  • Ocean 360 Beach Club

いつものビーチでの過ごし方とは違いアクティビティ的な感覚で利用してみるのもいいかと思います。

観光スポット

バリ島の観光スポットは、豊かな自然や寺院などたくさんありますが
限られた日数の中ではいくつかに絞らないと周りきれません。

寺院やビーチ日帰りで行ける離島ツアーなど沢山の観光スポットがありますので、
1度の旅行では周り切らないはずです。

いくつか絞るとしたら、
宿泊場所に近いスポットでしぼるか
観光地メインで宿泊場所を選ぶかになります。

今回のように宿泊場所が何か所かあり移動をするなら
その移動の間で効率よく観光できるところを周るのも
いいかもしれません。

観光代表的な観光地は

  • ウルワツ寺院
  • タナロット寺院
  • ブサキ寺院
  • ライステラス
  • クタビーチ
  • レンボガン島
  • ジャワ島
  • スパ  などなど...

何か所か周るパッケージツアーで行くか車をチャーターして
自分たちのプランで行くかになります。

また、寺院など観光する際はあまり露出度を抑えた服装で観光しに行きましょう。

まとめ

これまでご紹介してきた代金をまとめると

宿泊代金が2人で14万円一人当たり7万円で
航空券(エアーチケット)代が3万4千円で

トータル1人7泊8日で 10万4千円 になります。

前もってお休みが安い時期に取れる方でしたら、

航空券(エアーチケット)を安く手に入れ
アレンジ次第ではもう少し宿泊代を抑えることもできますが、
それは、その時の予算に合わせてアレンジしていただけたらと
思います。

食もリゾートも観光もお得にワガママに贅沢旅を叶えて下さい!

-Bali

Copyright© Self-polishinglab , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.