airbnb

子連れハワイも安心ファミリーにおすすめな宿!Airbnbという選択肢

日本人に人気な定番海外旅行先と言えばハワイです。親日で日本語が通じる所が多かったり、衛生的でリゾート・観光・ショッピング・アクティビティーと大人から子供まで楽しめるものが多く家族旅行にも安心です。

そんなファミリーで行く子連れハワイにおすすめなのが、今話題のAirbnb( 民泊サービス)を利用した宿泊です。

ファミリーでの宿泊となると大人2人子供2人と仮定して
『最低2台以上ベッドは欲しい』

荷物も多くなるので
『ある程度部屋の広さも欲しい』

と理想では思いますよね⁈

しかし...

物価の高いハワイだと狭い2ベッドの部屋でも安くて1泊1室2万円~ぐらいです。ただでさえ物価の高いハワイ、家族で旅行となるとかなり旅費がかかってしまうので狭い部屋でも仕方ないと普通の商用ホテルを予約してしまう方が多いと思います。

節約して食費や宿代を削っても家族でせっかくのハワイ旅行がどこか物足りないものになってしまったりなんてつまらないですよね!

しかし、同じような料金でもAirbnbでしたら部屋も広くリビングダイニング付きなんていう宿が沢山あります。今回は、そんなファミリーで行くハワイ旅行で節約してもストレスフリーかつお得に楽しめるAirbnbを利用した宿泊をご紹介していきたいと思います。

 

ハワイエアビーの特徴

例えば大人2人子供2人(小学生までぐらい)の4人家族で宿泊する時一般的な商用ホテルですと1室にベッド2台の部屋になりますよね⁈

しかし、ハワイのAirbnbですと商用ホテルと同じような価格帯で人数やベッド数を条件に検索するとだいたいがダイニングキッチンやリビングの付いた広い部屋が出てきます。

寝室が2部屋あったりベッド数が多かったり一軒家まるまる貸し出しなんていうものもあります。

広さや設備は断然商用ホテルよりAirbnbの方が快適ですし、色々なタイプの部屋から選択できます。

 

エアビーがファミリーにおすすめな理由

ファミリーになぜAirbnbがおすすめなのかは用途や料金面などから商用ホテルと比較してもいろいろあります。一言でファミリーと言っても年齢や性別人数は様々ですが、どのご家庭にも当てはまるようなおすすめポイントがこんなところだと思います。

大きなお子さん(中高生)がいる場合

中高生ぐらいの大きなお子様や男女の兄弟であったりすると各自自分の部屋やベッドがいいと思います。普通の商用ホテルでベッドが各自あったり寝室が2部屋以上あったりするような部屋を検索すると中々そのような部屋は無く2ベッドルームですとヴィラやスイートしかなく1泊10万以上と高額になります。

しかし、Airbnbでは2ベッドルームの部屋やベッド数が多い部屋が1泊2~3万円代で沢山あります。部屋数・ベッド数を確保したいファミリーには断然Airbnbが最適だと思います。

 

物価の高いハワイで食事代節約にも!

ファミリーでのハワイ旅行で出費がかさむところが食費です!育ち盛りのお子さんがいるご家庭はなおさら食事代がかさみます。

ハワイは物価が高く、ランチで1人10~15ドル前後ディナーでは15~30ドル前後かかりファミリーで毎食外食するとなるとかなり食費だけでかかってしまいます。

少し食費を抑えようとコンビニで済ませても、ハワイ定番のコンビニABCストアではサンドウィッチでも7ドルと結構いい値段します。

しかし、Airbnbの部屋はキッチンやダイニングスペースがついているところが多く部屋で料理が可能です。

こちらは、実際私がハワイ滞在で利用していたAirbnbのキッチンとダイニングリビングです。

ハワイには、大型スーパーやドン・キホーテやコストコなどあるので食材を購入して朝食やランチを何食か部屋で済ませることでかなり節約できると思います。

実際私もハワイに行くと何食か部屋で簡単な調理をして済ませていますが、非日常な空間なので買い出しも調理も楽しく意外と部屋での食事も楽しめます。

小さいお子様のミルクや食事も安心

小さなお子様がいる場合(特にまだミルクや母乳が必要な乳幼児など)キッチン付きですとミルクもすぐ作れますし、簡単な離乳食や子供用の軽食なども作れます。

スーツケースもラクラ

意外と困るのがスーツケースを広げる場所の確保です。小さなお子様がいる場合ベビーカーにおむつやミルクなど荷物も多くなります。

また大きなお子様の場合も1人1つスーツケースを持ってきたりなど確実に部屋の面積が広い方が助かります。

こちらは、Airbnbの1室ですがベッドも大きいですがこんなにゆったりとしたスペースがあるので快適でした。

普通の商用ホテルでは1人分のスーツケースを広げただけでもかなりスペースが取られてしまいますが、Airbnbですとリビング付きや部屋やベッド数が多いところがあるのでスペースの確保には最適です。

 

宿泊日数が多ければ多い方がお得⁈

単純に1泊の宿泊料だけで見ると、商用ホテルとだいたい同じ料金で設備や部屋の広いAirbnbがお得に見えますが、注意しなければいけない点があります。

その他の料金に注意!

Airbnb予約で注意しなければならないのが、その他の料金です。

Airbnbでは、1泊の宿泊料以外に清掃費とサービス料というものがあります。また人数によっては追加料金が発生する場合もあります。国やホストの設定するものによって料金が変わってきたりサービス料をホストのみが負担する場合もありますが、1泊の宿泊料とは別にその他の料金を確認することが重要です。

1泊の宿泊料金だけでみると商用ホテルとたいして変わらないですが、清掃料やサービス料を含めたらAirbnbの部屋の1泊料金はだいぶ高くなってしまいます。

清掃費やサービス料は1回の宿泊でかかる料金なので、連泊し宿泊日数が多い方が1泊の宿泊料金がお得になります。

ハワイ旅行ですと最低3泊から1週間ぐらいで行く方が多いかと思いますが、もし1泊だけ利用したいという方は1泊の料金が高額になってしまうかもしれないのでご注意下さい。

Airbnbの詳しい利用の仕方はこちらをご覧下さい。

【基礎編】今話題Airbnb(民泊サービス)を上手く利用した宿選びのコツ

皆さんホテル選びは、どんな方法でされていますか⁈ 近年インバウンド・オリンピック・国内外様々な年齢層の観光客・旅の目的に対応した宿泊先が増えネットやメディアで取り上げられています。ホテル選びの方法はた ...

続きを見る

 

まとめ

ファミリーにおすすめなポイントをいくつかご紹介してきましたが、それぞれ家族の年齢や性別人数旅の目的を考慮した時、様々なシチュエーションに対応できる宿を検索予約できるのがAirbnbの特徴です。

まだまだAirbnbのおすすめポイントや使い方は家庭により違いもあると思います。ぜひ自身のご家庭にベストなAirbnbの部屋を見つけてよりハワイ旅行を楽しんで頂ければいいと思います。

-airbnb

Copyright© Self-polishinglab , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.